ブランド洋食器 エインズレイ

英国で生まれたエインズレイ

創設者ジョン・エインズレイは炭坑の経営者

エインズレイは1775年、ジョン・エインズレイによって設立された工房です。それまでジョン・エインズレイは炭坑の経営をしていました。

炭坑はスタッフォードシャーというイギリスの町で経営していた彼は、最初の工房をストークオントレントという町に窯を開きました。

このストークオントレントとはどういう土地かご存知でしょうか。ストークオントレントは陶器の里、世界の陶磁器の中心と呼ばれるほどの産業の中心地で、かのウェッジウッド、スポード、ミントン、ロイヤルウースター、ロイヤルドルトンなど、有名なイングランドブランドがこの地より誕生したのです。

スタッフォードシャーの炭坑は北部地域に位置し、ストークオントレントはその入り口といった場所にあります。

炭坑経営者であったジョン・エインズレイにとって、カオリンナイトの採集は似たような作業であり、自社の強みを生かせる点に魅力を感じたのだと思われます。

エインズレイのサクセスストーリー

エインズレイの食器には転写技術(プリント)とペイント技術が融合されています。
その歴史は決して目立ったものではなく、これまでの技術を応用した作品の開発が主でした。

ですが、ジョン・エインズレイがロングトン市の市長となる1886年~1890年の前後からエインズレイは表舞台に出るようになります。
1896年には有名なヴィクトリア女王在位60周年記念のプレートを製作できるまでに成長しました。また、1931年にはメリー女王からの注文を受けて皇室御用達となると、1947年にはエリザベス女王の結婚式の食器のひとつとなり、エインズレイの評判は揺るぎないものに。

エインズレイの歴史は英国王室に寄り添う形で成功していくのです。

ブランド洋食器の趣味をはじめやすい

エインズレイはいわゆるプリント物が多いので、他社に比べてお安く手に入るブランド洋食器なのですが、だからこそ本来は数十万するようなティーポットでもお手頃価格で手に入れる事が出来ます。

いわゆる懐に優しいブランド。絵柄で選んで良いブランドです。公式ショップも値引きをどんどんしてくれるので、エインズレイについてはネットオークションなどではなく正規代理店や洋食器専門店でお求め頂く事をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする