ブランド洋食器 ビングオーグレンダール

ビング&グレンダールはデンマークだった磁器の彫刻家フレデリック·ヴィルヘルムグレンダールと商人の兄弟マイヤーヘルマンビングとジェイコブハーマンビングによって1853年に設立されたメーカーです。

メーカーのロゴはコペンハーゲン市の紋章をイメージしたものです。

ビング&グレンダールがデンマークを代表するブランドに押し上げたのは、1892年にデザインされたシーガルというデザインでした。調査のよると、1950年から1980年にかけて、デンマークの10世帯に1世帯が何かしらのシーガルデザインを所有していると判明したのです。

1987年には、100年来のライバルとされてきたロイヤルコペンハーゲンとの合併が決定となり、残念ながらビングオーグレンダールは現在経営をしていません。

ビング&グレンダールの世界的な功績は1895年に販売された世界最初のクリスマスプレートでしょう。ロイヤルコペンハーゲンでもクリスマスプレートは製造されていますが、合併されたあとも、ロイヤルコペンハーゲンとビングオーグレンダールは別々のクリスマスプレートを発表しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする