参考文献 洋食器ベストカタログ

洋食器ベストカタログ テーブルウェア愛好会 編著

伝統に育まれた名門ブランドには格調と気品が備わり、現代のライフスタイルから生まれた新しいブランドには、機能的で親しみやすい魅力がある(本書2pより)

発行:1999年1月1日

編著:テーブルウェア愛好会

定価:1500円

洋食器ベストカタログ Amazonでみる

商品の説明

他の洋食器カタログと異なる切り口でまとめられている面白い一冊です。後半はブランドごとにまとめられた通常のカタログなのですが、前半は「モダン」「トラディショナル」「カジュアル」という切り口が、プレートやカップ、ポットなどのテーブルウェアごとにまとめられています。

本サイトではあまり活躍の場がないのですが、洋食器を使った和食の盛り付け写真の豊富さは実際使われる方にはとても有効なのかなと思います。

テーブルウェア愛好会ということで詳細を期待していましたが、そこはやはり他のカタログの域を出ず、広く浅くという感じであるのが少々残念ではありましたが、2つの切り口からまとめられた86ものブランドは見ているだけで楽しめます。

洋食器ベストカタログ 目次

洋食器を毎日の食卓に

Chapter1 アイテム別洋食器ベストコレクション

ディナープレート
サラダプレート
ボウル
カップ&ソーサー
ポット
ティータイムの小物
オーバルプレート
変形プレート
グラス
ガラスの小物
カトラリー
シルバー小物
器使い
ディナープレート
サラダプレート
ボウル
カップ&ソーサー
ポット
オーバルプレート
グラス

テーブルコーディネート
休日の朝食
盛夏のディナー
初夏のティータイム
冬のランチ
特別の日のディナー
ワインパーティー
コラム テーブルの花

Chapter2 洋食器有名ブランドベストセレクション

ウェッジウッド
エインズレイ
ロイヤルアルバート
ロイヤルドルトン
ロイヤルクラウンダービー
ロイヤルウースター
ミントン
ウォーターフォードクリスタル
マッピン&ウェッブ
ジー&ホームズ
エルキューイ
レイノー
ベルナルド
アビランド
エルメス
ロワイヤルリモージュ
ジアン
ジャンルイコケー
フィリップデズリエ
クリスタルドセーブル
ドーム
サンルイ
バカラ
ラリック
クリストフル
ピュイフォルカ
ロイヤルデルフト
ロイヤルコペンハーゲン
ジョージ・ジェンセン
マイセン
ローゼンタール
ビレロイ&ボッホ
フッチェンロイター
チューリンゲン
テレジアンタール
クリストフウィドマン
カールスバード
モーゼル
ボヘミアガラス
ヘレンド
アウガルテン
ロブマイヤー
リチャードジノリ
ナソン&モレッティ
サンマルコ
ヴィシタアレグレ
ロールストランド
オレフォス
コスタボダ
アラビア
ノリタケ
大倉陶園
ニッコー
ナルミ
アダム&イブ
横浜増田窯 庵陶

Chapter3 カジュアルブランドベストセレクション

アイデンポタリー
ジャー
コンラン コレクション
ジェー・デー・アー
ジェヌピエーヴ・レチュ
モラン
クリスチャンペロション
ポートレーベル
アフタヌーンティー・リビング
ピエール・ドゥ
ラルフローレンテーブルトップコレクション
スガハラ
タイツー
ラ・ポルチェラーナ・ビアンカ
アレッシィ テンデンツェ
ジーン・デュポ

Chapter4 洋食器ブランドストーリー
50音順86ブランドの物語と問い合わせ先
テーブルセッティングについて
洋食器の上手な選び方
日常のお手入れと収納
いつか訪ねたい洋食器のふるさと
リモージュ
ジアン
ストーク・オン・トレント
マイセン
フィレンツェ
コペンハーゲン
デルフト
洋食器の歴史
この本に使われている用語解説
ブランド別索引

洋食器に盛りつけた写真や、盛り付けポイントなどが書かれているので、実用的な書籍かと思います。洋食器を眺める事が好きな方にはぴったりの一冊です。

ひとつのテイストで揃えたいとお思いの場合などには参考になると思いますが、じっくり一つのブランドを知りたい場合は別の書籍が良いでしょう。

紙質の関係からか、若干写真が暗い印象になるのが非常にもったいないのですが、それでも広く洋食器を知り得る本としては十分かと思います。

洋食器ベストカタログ Amazonで買う

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする