マイセン

マイセンは西洋で初めて磁器を作りました。世界で最も有名な洋食器ブランドであり、世界で最も高級な磁器ブランドでもあります。

西洋で初めての磁器工房の誕生

マイセンは1710年、ドイツのマイセン地方で誕生した工房の名称です。王立ザクセン磁器工場と呼ばれ、フリードリヒベドガーによって磁器開発に初めて成功しました。

この磁器誕生の歴史については当サイト「西洋における磁器の誕生」をご覧ください。

王とともに歩んだ黄金期

マイセンの製造はアウグスト強王によって命じられたものでした。アウグスト王は磁器に魅了されており、とくに東洋磁器への執着心は尋常ならざるものだったと言います。
ベドガ-が磁器を誕生させた後も王の磁器への欲求は収まるどころかエスカレートし、東洋に負けない絵付け技術や、食器以外のフィギュリンなどの製作にも注力していきました。
アウグスト王の時代には多くの晩餐会などでも用いられ、王侯貴族たちのあこがれとなるなど、マイセンの黄金期となったのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする