ブランド洋食器 ダンスク

アメリカで生まれるデンマーク”風”食器

ダンスクはデンマーク風という意味を持ちます。デンマーク風なのですが、誕生したのは1954年のアメリカ ニューヨークです。ニーレンバーグとクイスガードが創業者であり、スカンジナビアモダンアートがコンセプトとなっています。

現在ダンスクは米国の磁器ブランド レノックスの傘下にあります。シンプルかつ上質な作品がリーズナブルな価格で販売されており、米国で急成長したブランドでもあります。

人気の自然木材

ダンスクの中でも人気があるものとして、チーク材製品があります。
ナチュラルテイストはダンスクの得意とするところで、今では鍋の取っ手部分にチーク材を応用するなどのおしゃれな製品が多く販売されています。

北欧らしさを感じられるこうした自然木製品も、ダンスクの魅力の一つとして多くのファンを魅了しています。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする