ブランド洋食器を安く買う方法

ブランド洋食器を安く買うならオークション

ブランド洋食器を安く買うならオークションですが、
注意することがいくつかあります。

ブランド洋食器オークションの心得

  • 神経質な性格では向かないと心得よ
  • 新品は条件付きと心得よ
  • 値段は2分の1までと心得よ

神経質な性格では向かないと心得よ

オークションの洋食器は神経質な方には向きません。
新品でも箱が無いものも多いですし、撮影のために開封し、指紋などがついている事はもちろん、
小さな傷があるものも多々あります。

とくにアンティークになると、製造上の傷というものが今に比べて多いですし、
ペイント技術にも差があることも多々みられます。

また、パソコン画面は見るパソコンによって色が異なる場合があります。
届いたものと色が微妙に異なるなどは想定の範囲内とすべきです。

絶対に新品じゃないとだめ、傷は許せない、写真と色が違う。
そうした事が気になる方は専門店のページからご購入される事をお勧めします。

新品は条件付きと心得よ

オークションの商品は、一度個人の手元に届いた商品です。
ブランド洋食器は、小売店やメーカーが参入していないので、真っ新な商品はほとんどありません。
また、2~3回使用した程度であれば、丁寧に洗ってしまえば使用したかどうかさえ分かりません。
使用されたものでも新品として販売されているケースがあると疑ってかかるべきです。

新品の条件は、
・品質保証書や小冊子がある
・リサイクルショップ出品商品ではない
・説明に「飾っていただけ」の記述が無いもの
・入手経路がはっきりとわかるもの
・過去の履歴から継続的に同じ商品が出ていない人
・その他出品商品を見て、業者かなと疑いを持てない者

値段は2分の1までと心得よ

オークションで、定価のわかる商品の基準はおおよそ2分の1までのようです。
3分の1で入手するように心がけ、追いかけても2分の1までにしましょう。
もちろん入手困難なお品や、希少性の高いお品、限定品はこの限りではありませんが、
店舗で手に入るようなものは3分の1を超えると「オークション熱」の可能性があります。

ヒートアップしやすいですし、待てば次が出てきますので、自分の中での基準は遵守してください。

失敗しないブランド洋食器オークションノウハウ

安く手に入れる方法はただ一つ、質問をすることです。
こちらから即決価格を提示して、手に入れたい価格をライバルよりも先に伝える事です。
もちろん高く売りたいのがセラーですが、できるだけ早く手放したいと思う心理もあります。
一度断られても、二度目の妥協点を用意すれば思った価格で買える事があります。

また、失敗しないための方法もまた質問をすることです。
・もう一度良く傷がないか確認してほしい
・どこで手に入れたか詳細を教えてほしい
・箱や保証書もきれいな状態ですか?
そうしたコミュニケーションを積極的にとる事で、失敗率は大きく下がります。
ぜひセラーへの質問をどんどん送ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする