ウェッジウッド ワイルドストロベリー

ウェッジウッドのワイルドストロベリーは最も歴史のある作品の一つ。ウェッジウッドのワイルドストロベリーは最も歴史のあるデザインの一つ。

自然を愛する気持ちから生まれた名品

ワイルドストロベリーはウェッジウッドの中でも特に有名な作品です。リリースは1965年なのですが、そのデザインはすでにジョサイアウェッジウッドのデザインブックに記されていたほど歴史が古い事でも知られています。

ウェッジウッド ワイルドストロベリー コンセプト

自然界を磁器に描ききる。それは磁器が誕生してから今日まで、そしてこれからも続く課題です。
貴族たちはその昔、知識自慢がテーブル上での会話の種でした。隣合う人としか話せなかった以前の会食では、こうした磁器に描かれた作品を見て、その植物の特徴や生息地などについて話あっていたそうです。そうした知識を得ている事が貴族のステータスでもあり、こうしたニーズを満たすために写実的な作品が多く出回りました。

ワイルドストロベリーもまたその一つ。ジョサイアウェッジウッドが残した最初のデザインブックにも図柄が描かれている意味では最古のデザインといえるでしょう。絵柄を見てキレイと笑むだけが洋食器では無く、そうした時代を反映させた鏡としての一面も愉しめるのが洋食器の奥深さでもあります。

ワイルドストロベリーの凛々しさは女性を中心に大人気ワイルドストロベリーの凛々しさは女性を中心に大人気

とはいえ、爽やかささえ感じられるカップやプレートを見て、これが西洋食器の優雅さかと感嘆せずにはいられないのではないでしょうか。自然の美を磁器に表現することにウェッジウッドは長けていますので、ワイルドストロベリーの生体を愉しむよりは、全体としての美を感じつつ舌鼓をうつほうが、コンセプトに合うのかもしれません。

ちょっと番外編:描かれているデザインに迫る

さて、ここでワイルドストロベリーについて調べてみましょう。
日本では「野いちご」と表現されますが、ヨーロッパでは別名「ラッキー&ラブ」、アメリカでは「ミラクル」と呼ばれる事があり、幸運を示すそうです。ヨーロッパクサイチゴという名前で、バラ科いちご属の多年草です。

ハーブなのですが、かなり繁殖力が強く、水気を好みますが手入れにはさほど手間を要しません。

西洋では治療目的で根や草を処方した歴史を持ち、歯周病予防に効果があったのだそうです。他にも利尿作用や五臓六腑に効くという事から広く処方されていたようです。(一部ではペットの口臭予防にも使われていたとか。ウィキペディアによるといちごにはキシリトールが約350mgと豊富に含まれているそうで、あながち間違いでも無いようです。)

そうした治療の効果が高い事、またキリスト教の教えもあり、ラッキー&ラブ、ミラクルと言った別名がついたのでしょうが、実際のところは定かではありません。

こうした話を貴族たちも愉しんでいたのかもしれませんね。

技法・特徴

ウェッジウッド ワイルドストロベリーのデザイン野いちごの花や実が全面に。

ワイルドストロベリーはカップやプレートの全面に描かれていながら、ごちゃごちゃした感じは全くなく、清楚にまとまった雰囲気を与えるのはウェッジウッドの構図力の高さによるものでしょう。

金彩が全体をしっかり引き締めてくれており、まとまりの良い作品になっています。

ベースとなっているのはファインボーンチャイナ。堅牢性も高いため人気の作品となっています。

ワイルドストロベリー 価格

アイテム(1個単位)メーカー参考価格オンライン相場オークション相場
ティーカップ&ソーサー
(リー)
7,350円5,000円
ティーカップ&ソーサー
(ピオニー)
7,875円5,000円
ティーカップ&ソーサー
(デルフィ)
5,250円3,700円
コーヒーカップ&ソーサー
(キャン)
7,350円5,900円
コーヒーカップ&ソーサー
(ボンド)
7,350円7,400円
マグカップ5,250円4,200円
プレート 15cm4,200円
プレート 18cm5,250円3,700円
プレート 20cm5,775円4,100円
プレート 23cm6,300円4,500円
プレート 27cm7,350円6,000円
クリーマー S10,500円8,400円
シュガーボックス S12,600円10,000円
ティーポット S24,150円22,000円
ティーポット L31,500円25,200円

※価格はあくまでも参考であり、2013年9月現在の独自調査によるものです。
※オンライン相場は正規品取扱店の参考価格です。
※オークション相場はヤフーオークションの相場価格です。
※オークション相場は状態が良い場合の価格です。
※価格の前に*がついているものは、取引実績は無いものの予想相場です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする